2010年・楽天「社内公用語を英語にします」7年経った現在の楽天がこちら→